ジムの種類

スポーツジムとひとことに言っても、いくつかの種類があることを知っていますか?

ひとつめは、公営のジムです。
これは、市民プールなどによく併設されているもので、ほかの2つに比べると料金がかなり安く済むことがポイントです。

ただ、たいていの公営ジムには、指導員やトレーナーが在籍していません。
監視員は一応いますが、専門の知識などはほとんど持っていない場合が多いです。
また、基本的に設備はあまり潤沢ではありません。
ひとりで簡単なエクササイズや軽いトレーニング程度の運動を考えている人はいいですが、本格的なウェイトトレーニングなどを考えている人には物足りなく、また危険なこともあります。

大阪市内では、各区ごとにひとつずつ、市民プールと併設のジムがあるので、近くに住んでいる人にはおすすめです。
プールとジムを両方利用したい場合には、プールとジム両方のチケットを買うよりもお得な、両方使えるチケットも販売されています。

もうふたつは、民営の会員制ジムとプライベートジムです。
有名なジムでいうと、コナミは会員制ジム、ライザップはプライベートジムということになります。

料金は少し高くなりますが、専門のトレーナーなどがいる場合が多いので、ジム初心者でも安心です。
また、設備もしっかりしたものが多く、軽いエクササイズに使えるものから本格的なウェイトトレーニング機器まで、幅広くそろっているところも多いです。
入会金や月額制料金などが主流なので、いったんそのジムに通い始めてしまうと金銭的な面でジムを変えたり辞めたりしにくいということもあるので、慎重に選びましょう。